カフェ日記

今度の日曜日に川崎でJHS主催のハーブフェスタが開催されます。

http://npo-jhs.jp/activity/herbfesta2016.html#fest

先日、生葉で藍染めした布をつかって、バッグやエプロン、アクセサリーなどを手作りしましたので、これらを出店しようと思っています。

s_4928264587444

ネックレスのリング部分はレモングラスにコットン糸をまいて作りました。

s_4928267823994

エプロンは生葉藍染とインド藍染で作りました。

s_4928269066590

~ハーブフェスタ~

日時:2016年(平成28年)9月25日(日)10:00~17:00
会場:    川崎市産業振興会館
神奈川県川崎市幸区堀川町66-20
http://www.kawasaki-net.ne.jp/hall_guide.html
入場料:    無料
事前申し込み:    不要。お気軽にご来場ください。

9月開催のハーブフェスに出店することになり、よもぎや藍で染めた生地で小物を手作りしようと考えています。その染色の様子をレポートします。

S_4728526249093

下の写真はよもぎで染色した手ぬぐいを干しているところです。銅の入った媒染剤で緑に、アルミの媒染剤で染めると黄色になります。

S_4675696933230

これは種から蒔いて育てた藍の生葉を収穫したところです。

S_4728520032539

この生葉に適量の水を入れ、手で30分間しごいて濾したあと、再び葉に水を入れて30分間かけて染色液を抽出させます。

S_4728522340515

中々大変な作業です。

S_4728524073004 S_4715496002455

この染液で染めていきます。

染める時は、5分間空気に触れないように手で抑えながら染め、5分間水洗いしてから再び染色液に漬けます。空気に触れるほどに、青く染まっていきます。

S_4728525454904

染色の模様は予め布に輪ゴムをしておくことで、染色にムラができ、自然にこのような模様が出来上がります。暑い中で作業しましたが、藍の色合いがなんとも涼やかですね。

この布でエコバッグやバッグやエプロンを作るつもりです。

八木崎公園のラベンダーの刈り取りに行ってきました。

S_4675630978897

S_4675629815071

来週の水、木、金曜日にラベンダースティック作り講座を開講します。

参加者にはハーブティのサービスもありますよ。

ラベンダースティック

時間は希望者に合わせて調整しますので、ご連絡下さい。

ご質問、お問い合わせなどは、画面右上のお問い合わせフォームからも受け付けております。

 

今年はバジルの成長が良く、沢山収穫できたため、ジェノベーゼ(バジルペースト)を作りました。

IMG_3526IMG_3525

明日から夏季限定メニューのバジルとトマトのパスタが開始になります。

夏にぴったりのさっぱりしたパスタです。

トマトとバジルのパスタ

湿度の高い暑い日が続きますね。

ドリンクはアイスが人気ですが、甘くて冷たい小豆オレはいかがですか?

6826

各種ハーブティもアイスをご用意できますよ。お好みのブレンドも可能です。

さて、ラベンダーの季節です。

今年も久喜市のあやめ・ラベンダーフェスティバルに足を運びました。

晴天に恵まれ、花々も見頃でした。おけがわべに花まつりのべに花も満開でした。

807 809811 810

花といえば、先日、ジャパンハーブソサエティー千葉支部10周年記念講演会に参加した際にも、千葉公園で大賀ハスを見ました。心癒されます。

815

ラベンダーは毎年バンドルズ、サシェ、クラフト作りをするだけでなく、オリーブオイルでラベンダー浸出油にし、手作り石けんを作ります。

手作り講座のお申込みも随時行っていますので、ご連絡お待ちしております。

r7363

5月28日と29日の2日間は愛媛県の久万高原で、第23回全国ハーブサミットに参加してきました。

747

二日間とも雨天という天候でしたが、講演会に交流会、お茶会など様々なイベントで多くの人と会話を楽しむことができたことが何よりの収穫となりました。

743

744

下の写真は講演会参加者に用意されたクロモジという葉です。

734

クロモジというのは、クスノキ科の落葉低木なのですが、
名前の由来は、樹皮の表面に黒い一種のカビ菌が黒く文字を書いた様に見えることからきているそうです。

久万高原町周辺に広く分布していて、
茎や葉に芳香性の強い種類
(クロモジをはじめケクロモジ、ヤマクコウバシ、ダンコウバイ、アブラチャン、シロモジ等)が多く生息してます。

興味を惹かれたのは、
久万高原町に自生するクロモジから精油・アロマウォーターなどのクロモジ製品です。
新しい産業の基盤とするため、久万広域森林組合とコラボして作ったようです。

758

お土産には、
書籍(新世代アロマセラピークロモジ)に
久万高原野草茶(クロモジのブレンド)を購入しました。

722

ハーブが好きな人が集う楽しいひとときでした。